高需要・高性能を兼ね備えた印鑑がゴム印

なんといってもゴム印の印鑑としての魅力は、その汎用性の高さです。名字のみで使用することもできますし、住所のように長めの文でも使用可能です。勿論、ゴム印以外で住所を彫る事を、禁止されてるわけではありませんが、ゴム印の利点の1つは、材質がゴムなので加工がしやすいことです。
細かい部分の加工はアマチュアでもプロでも、やはり柔らかい材質の方が、固い素材より加工しやすいのは間違いありません。ただ、加工しやすいだけに、欠けやすくもあります。ゴム印は平らな場所で使用しますし、表面上も平らなわけですから、よほど雑な扱いをしない限り、使用中に崩れるということは稀です。安心して使用ができるでしょう。

そして、素材であるゴムは各種店舗ですぐに購入しやすく、種類が豊富でありながら、値段も手頃な商品が多いです。ですので、趣味で自作スタンプを作ろうとした際、ゴム素材を選ぶ人が最も多いと言われています。作る理由は人それぞれと思いますが、素材にゴムを選ぶ理由としては、木や石より加工がしやすく、原価が安いぶん失敗しても低コストで済みます。こういった意味でも、初心者に最適な素材です。

ゴム印は印の部分だけでなく、持ち手の工夫もなされています。使用される素材は木とアクリルが主流です。手触りも変わりますし、何より見た目が全然変わります。どちらが良い悪いということではなく、ゴム印の性能に違いが出たりしませんので、好みで選んで全く問題ありません。それでは、ここから先はゴム印の購入、ゴム印の使用目的、使用箇所、自作ゴム印について触れていきます。